2014.11.11

あの鮮魚店、今回のテーマ(2014年11月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマのある鮮魚店こと真栄原鮮魚店。毎回のテーマはどのような想いから生み出されているのだろうか。定期的に追っていきたいと思います。

テーマのある鮮魚店、あります


毎回のテーマのインパクトがすごい

DEEokinawaをご覧の皆様は「テーマのある鮮魚店」を覚えていらっしゃるでしょうか?…初めて見た!という方は過去の記事をご参照ください
宜野湾は真栄原にある「真栄原鮮魚店」では18年ほど前から店長の上地さんのインスピレーションを「テーマ」として張り出す、テーマのある鮮魚店なのです。
このテーマは1-3週間に1回変わるのですが、店主の上地さんは何を考えてテーマを決定しているのでしょうか?しばらく連載で鮮魚店のテーマとそれを考えるに至った上地さんのお話をおうかがいしたいと思います。

今回のテーマはこれだ

というわけで真栄原鮮魚店に足を運びました。
maehara2.jpg
今回のテーマは
maehara3.jpg
「季節限定 立ち食いOK 揚げたてカキフライ PM5:00〜スタート
 
...あれ?
普通!なんかすごく普通!!
しかしここは泣く子も黙る真栄原鮮魚店。なにか我々では到底読みとれないような、深い意味が隠されているのかもしれません。
何を考えてこのテーマを決めたのか、店主の上地さんに早速うかがってみましょう。
 

今回のテーマの意図

maehara1.jpg

― 表のテーマにカキフライとありますが?

そう、今のおすすめはこれ!カキフライ!17時からここで食べられるよ。7ヶ300円。(安ッ!)
いちばん大きいサイズのカキを使ってるよ。

※残念ながら伺ったのが17時前だったので、まだ現物はありませんでした。

 これはいつまでとか期間は決まってるんですか?

うーん、今月いっぱいかなー。
このテーマにしてもう一ヶ月ぐらいなるから...、いや、まだ20日ぐらいか。
これが終わったらまた新しいのを出すつもり。

そうなんですね、次回作も楽しみにしてます。ありがとうございました!

 
というわけで、現在の真栄原鮮魚店のテーマは字面そのまま、至極まっとうでした。
いやーこんなこともあるんですね。
引き続き、定期的に真栄原鮮魚店とそのテーマについて取り上げていこうと思いますので、次回テーマにご期待ください。
 

真栄原鮮魚店
沖縄県宜野湾市真栄原2-11-3
朝10時から夜10時半くらいまで

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ