DEEokinawa周年祭2015レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月24日「DEEokinawa周年祭2015」が執り行われました。今回はその様子をちらりとお見せ致します。

2015年10月24日、我々DEEokinawaの5周年を記念いたしまして、「DEEokinawa周年祭2015」が執り行われました。今回周年祭の舞台となったのは沖縄市の成人映画館「コザ琉映」。1960年7月の開館で今なおフィルムでの映画上映(成人映画だけど)を行う映画館です(コザ琉映についてはこちらの記事をご覧下さい)。

周年祭っていったい何をやってるの?と気になる方もいらっしゃるかもしれせん。というわけで、本日はDEEokinawa周年祭2015の様子をちらっと皆様にお届けしたいと思います。

まずは会場の様子から。いつもは女性はもちろんのこと、男性も入るのに勇気がいるコザ琉映ですが、当日は我々DEEokinawaが貸し切りです。

入り口から
あのマスク

まずは入り口から入るとDEEokinawaマスコットキャラクター「ぶなっしー」がお出迎え。カウンターには以前デイリーポータルZのウェブマスター林さんから頂いたハトマスクも陳列。

そしてこちらがメイン会場です。プロジェクターとミニスクリーンを設置しています。

 

スライド発表会

それでは周年祭の様子をダイジェストにてご紹介したいと思います。

まずは映画館といえばこの方々。沖縄で上映会、映画評論、紹介、映画製作など映画にまつわる様々な活動を行っている「シネマラボ 突貫小僧」にゲストで来て頂きました(突貫小僧さんについてはこちらの記事をご覧下さい)。突貫小僧の平良さん、當間さんによる「シネマラボ突貫小僧 presents おきなわまぼろし映画感〜特別編〜」の発表です。

発表の内容はコザ琉映の付近にかつてあった映画館の紹介です。かつて映画館があった場所と、現在の様子を写真を交えながら紹介してもらいました。かつてコザ琉映周辺には多すぎるくらい映画館があったのだとか。他にも古写真から映画館を見つける話だったり、そこに映ったぼんやりした映画ポスターから年代を写真の年代を特定したりと色々面白い話もして頂きました。正直これだけで参加費くらいの価値があったんじゃないかと思います。

我々DEEokinawaもスライド発表。今まで撮りためた「今日のDEEネ」写真の蔵出しだったり、「著作権的にアウトなパクリ特集」を紹介しました。内容的にWebで公開できないので残念です。

 

休憩時間はコザ琉映探検

休憩時間はコザ琉映の2階部分も開放して探検タイム。

2階の観客席や映写室などは普段は入れないスペースなので割と貴重な体験だったのではないかと思います。

ぶなっしーとのツーショットやハトマスクを付けての記念撮影も行われました。

 

再びスライド、そしてクイズ、島ぞうりとばし

休憩時間後はDEEokinawaの編集会議にはほぼ皆出席なのに記事を1本も書いていないという「沈黙のライター」犬尾さんによるスライド発表。めちゃめちゃウケてましたが、色々差し障りがあるので内容は秘密です。

このネタを1年くらい前から編集会議で出してもらってたんですが、Webに掲載できなそうな感じだったので晴れて日の目を見せることができてよかったです。

続いてはDEEokinawaTシャツをかけた、クイズ大会。過去のDEEokinawaの記事からマニアックな問題と下ネタが問題として出題。

なんとなく面白いかも、ということで舞台の上から客席にどこまで遠くまで島ぞうりを飛ばせるかを競う「島ぞうりとばし大会」も行われました。コザ琉映の舞台の上に上がるという体験も一生のうちにあるかないかだと思います。一等の賞品はコザ琉映提供のムフフポスターでした。

島ぞうり大会が終わり、閉会。3時間だったので割と駆け足になってしまいましたが、内容がみっちり詰まった(でもフワフワした)周年祭になったと思います。

 

来年もやる!…はず。

以上DEEokinawa周年祭2015のレポートでした。お越し頂いた皆様、ゲスト出演頂いた突貫小僧の皆様、どうもありがとうございました!…まぁ、今回もイベントは赤字でしたが、赤字でも笑って周年祭ができるように、来年の周年祭に向けてお金を貯めておこうと思います。

というわけで周年祭を終えての6年目、これからも皆様よろしくおねがいいたします。

※周年祭の写真はシネマラボ 突貫小僧の皆様から提供いただきました。ありがとうございます!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ