2019.02.07

おきみゅーでガチャガチャをしたらおじさんが出た話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)にあったオリジナルのガチャガチャをやってみました

これまでちょこちょこ沖縄県内のガチャガチャを回してきたわれわれ。


海洋博公園ではアメリカマナティが出た


黒島研究所はカメの甲羅にしかつかないフジツボが出た

先日、県立美術館のバックヤードツアーに参加した時に、沖縄県立博物館・美術館のオリジナルガチャがあるのを見つけたので回してみました。

おきみゅーのガチャガチャとは

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)です。

ミュージアムショップの前にガチャガチャがあります。
行ったときは縄文展をやっていたので縄文時代のガチャガチャも。

おきみゅーのオリジナルガチャガチャは2種類あるようですが、今回まわしてみるのはこちら。
万国津梁の鐘や骨やおじさん(港川人)などの缶バッチ全8種類です。

万国津梁の鐘:1458年に琉球王国第一尚氏王統の尚泰久王が鋳造させた釣鐘で現在おきみゅーに保存されています。

港川人:約20000~22000年前に沖縄に存在していたとされている人類

どれが欲しいかと言われたら迷うのですが、おじさん(港川人)はめちゃくちゃこっちを見ていて使いにくいのでいらないかなーと思うのです。
しかし1回100円と安いのは魅力的。まわしてみます。

おじさんは来るなよ。おじさんは来るなよ。

はい。願い虚しくおじさんが出た。

家に帰ってガチャガチャをカプセルのまま置いておいたら、息子が「欲しい!」と言ってきたのであげたのですが、中身を見て「おじさんはいらない」とカプセルだけ持って行きました。考古学研究で貴重な人なんやで。
ただやっぱり机の上に置きっぱなしでは視線を感じて仕事がしにくいし、カバンなどにつけるにはおじさんすぎるなと思っていて、どうしようか迷っています。本日は以上です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ