2021.05.06

そうめんチャンプルーがカップ麺で登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年に引き続き、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」からカップ麺のそうめんチャンプルーが発売されていたので食べてみました

以前、日清から発売されていたカップヌードルそうめんでソーメンチャンプルーを作ってみるという記事をやったことがありますが(意外に美味しかった)、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」からも昨年に引き続き「沖縄そうめんちゃんぷるー」が発売されていたので食べてみました。


2020年の夏前に発売されたが、数量限定なので去年は買えなかった

沖縄そうめんちゃんぷるー

沖縄そうめんちゃんぷるー
豚肉とかつおダシのうまみをきかせた汁なし麺
」とあります。
ちゃんぷるーがカタカナじゃなくひらがななのは何か意味があるのでしょうか。

ちなみに「チャンプルー」は辞書では豆腐と具材の油炒めの意味。
それ故、ソーメンチャンプルーはソーメンタシヤーが正解だ!という人もいます。

原材料はこんな感じです。
自分で作る時はツナ缶と出汁ぐらいでチャチャと作るので、カップ麺で再現するにはこんなにいろいろ入れないといけないのかとちょっと衝撃でした。

作り方はカップ焼きそばと同じ要領で湯切り方式。

中に入っているのもまるでカップ焼きそば。

お湯を入れて3分待って…完成!
思わず焼きそばの口だったのですが、液体ソースが茶色じゃなく透明に近い色をしていたので、ハッとしました。

あ、美味しい。
いや、でもこれはそうめんチャンプルーかなと言われたらどうでしょう。カツオ出汁より香辛料の方が口に残るので、そこは少し違和感がありました。
ただ、そうめんチャンプルーにありがちな、麺が固まったりすることはなく、最後までハラハラと解けて食べやすかったです。
ごちそうめんちゃんぷるー。本日は以上です。

DEEEXPO'22開催決定!

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ