2011.01.05

光文字の年号が切り替わる瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年末になると南城市新里の山に年号の光文字が現れるらしい。そしてその光文字は毎年元旦の0時ちょうどに年号が切り替わるそう。どうやってるの?ということで調査してきました。

この情報をくれたのは南城市出身の友人P氏。
毎年1分1秒狂わずに切り替わる光文字。どうやって切り替えているんだろう?と小さい頃から不思議に眺めていたそうです。

hikarimoji_07.jpg
2010年の光文字

P氏曰く
「きっと山におじさんたちがいっぱい待機していて、元旦になった瞬間に電球を一斉にONにしてるはず!」

いやいや、そんなわけあるかい!

現代にはタイマーという便利なものがある時代。
なぜ寒空の下、山でおじさんたちが待機して手動で灯さなければならないのか。
でも行って来ました。

なぜなら年末年始のコネタが欲しかったから

DEEokinawaでは、年末年始コネタ特集をしておりました。

そう、光文字の切り替えなんてタイマーに決まっているんです。
でもコネタのひとつになればそれはそれでいいじゃないの。

さぁ、失笑の準備はできたでしょうか。
私の2011年元旦はこんな調査で始まったのです。

まずは山の調査から

夜になると光文字がある山への道もわからないだろうということで、夕方下見に行くことに。

しかし年末は寒かった。沖縄でも気温10℃前後になった2010年の年末。
もう何をしても寒くて寒くて。
hikarimoji_02.jpg
北国の格好の人「前方何も見えません!」

凍えながら探しました。
hikarimoji_01.jpg
お、あれかしら?

そしてなんやかんやで到着。
hikarimoji_04.jpg
見晴らしがすごいー!

下から見たときは明かりは灯っていなかったのに、登ってくると点灯されていた光文字。
hikarimoji_03.jpg
全体像はわからないけどきっとこれがそう。

もう一度言いましょう。

・下から見たときは点灯されていなかった
・でも登って来たら点灯されていた
・そしてまわりに人はおらず

光文字の点灯の仕掛けはもうおわかりですね。

でも、これだけで結構満足かも。
hikarimoji_05.jpg

日も沈み、なにはともあれキレイです。
hikarimoji_06.jpg
ありがとう2010年。

23時30分、再び登頂

点灯の仕組みがタイマーということは分かっていたけど、景色がきれいだったので(風が強くてめちゃくちゃ寒いけど)、こういう場所で年を越すのもいいかもなーと思いました。

ということで再度登頂。

やはり誰もいない。
hikarimoji_09.jpg
しかしキレイ。

もうすぐ新年を迎えようとする23時45分。

何か来た!
hikarimoji_08.jpg
え、まさか・・・。

暗すぎてピントも合わないけれど、颯爽と現れた男たち。
hikarimoji_10.jpg

手に手に懐中電灯を持ち、それぞれの持ち場につく。
聞くと「新里青年会」「里の会」からだという。

一番年長の男性が白い息を吐きながら答えてくれた。

「タイマーでもできるんですよ。実際に毎日の点灯と消灯はタイマーです。
 でもね、元旦の切り替えは毎年手動です。今年で15年目になります。
 中学生から高校生の子供たちを連れてね、見せるんです。これが伝統。
 ほら、山の下にたくさん車が集まっているでしょう。
 楽しみにしてくれてるんだなと思うとね。苦労じゃないです。純粋に嬉しい。」

3、2、1・・・ 成功!

こうして男たちの寒くて熱い夜が終わった。
hikarimoji_11.jpg
ヘッ〜ドライト〜 ルライト 旅はまだ 終わら〜ない〜♪

輝く2011

まさかの展開に感動してしまったのでした。
知れば知るほどラビリンスですね。

光文字がある山は点灯の2週間前から地元の子供たちと青年会で草を刈り、準備をはじめるそうです。
hikarimoji_12.jpg
美しく輝く2011

みなさまの2011年も光り輝く1年になりますように。
今年もDEEokinawa(でぃーおきなわ)を宜しくお願い致します。

お正月には、こんなとかこんなとか 下ネタを連発していたとは思えないきれいな締め方になってほっとしました。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ