2012.07.30

【入りにくい店に入ってみた】USレストラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
好評のシリーズ【入りにくい店に入ってみた】。すごく入りにくい店構えだけどなんだか気になっちゃうあの店この店、意を決してどんどん踏み入れていこうと思います。沖縄にはディープなお店がまだまだたくさん眠っているのです。

沖縄の街を歩いていて大通りからふいっと路地裏などに入ってみると、営業しているのかいないのかも分からない、ものすごく入りにくい雰囲気のお店に出会うことがあります。
通るたびに気になって興味はあるのに、扉を開けるのにすごく勇気がいるような。

そこにあえて挑戦していくシリーズ、名づけて【入りにくい店に入ってみた】。

第一回:食堂 自流
第二回:カムイラーメン喫茶
第三回:平和食堂
第四回:聚楽苑(じゅらくえん)
第五回:マカビペット店
第六回:すきやき&おでんハウス 笑

第七回はいつもより北上して中部のお店。前々から気になっていたので勇気を出して行ってきました。

入りたいけど入れない

今回行ってきたのは、うるま市石川にある『USレストラン』。
沖縄に多くありそうな店名ですが、意外とないもので、おそらくここだけだと思います。

usrest_01.jpg

昼間は普通のお店。特に入りにくい雰囲気はありません。いざ入ろうとすると鍵がかかってる...!このお店、入りたいけど昼は営業していないのです。

usrest_02.jpg

オープンは19時。夜になり営業が始まると雰囲気が一変。ちょっと入るのに躊躇してしまう雰囲気に。
ここの近くに住んでいる友人も、入りにくくて今まで一度も行ったことがないと言うので、一緒に入ってみました。

初めて歩く夜の石川の街は昼間と違う顔。あちらこちらの通りにネオンが灯り独特の雰囲気を醸し出しています。

usrest_05.jpg
ターコース

お店の看板は年季が入っていて、Aサインもデカデカと貼られています。
Aサインは、Approved(許可済)の頭文字のAで、米軍による衛生基準に合格した業者に与えられたもの。業種によって色も違います。よく見る赤のAサインはレストラン。青はバーなど。衛生基準は相当厳しかったそうです。

石川は2005年3月まで石川市でした。翌年度4月1日から具志川市、勝連町、与那城町と合併し、うるま市となったため消滅し、現在はうるま市石川に。昔は米軍関係の人も多く賑わっていたそうです。

usrest_03.jpg

入口の前には人懐っこい野良猫。

usrest_04.jpg

小さく掲げられている営業中の札。では、この磨りガラスのドアの向こう側に行ってみましょう。

入店

usrest_31.jpg

お店に入ると4人がけのテーブル席が5卓とカウンターに5席。
すべてのものに年季が入っていて時代を感じます。

usrest_34.jpg
初めて見た琉球政府の衛生基準許可証とAサイン
usrest_33.jpg
昔の瓶がたくさん。バヤリースのルートビアも
usrest_32.jpg
スチールワイヤーでできた重たい椅子
usrest_36.jpg
あめ色になった皮に年季を感じる

カウンターの中に座るママさんに聞くと、お店を始めて40年以上!
ここ最近は、大手航空会社の機内誌や、沖縄のタコス特集の本に取り上げられたりと、実は秘かな有名店。

usrest_35.jpg

usrest_23.jpg
テーブルも年季が入っている
usrest_24.jpg
テーブルの椅子も床も年季を感じます

先客は一名だけだったのですが、私たちが入ったすぐ後に、あれよあれよと席は埋まりほぼ満席。近くの飲み屋で飲んだ帰りの人達、仕事帰りの人、ちょっと怪しい感じの老夫婦など、店内は何ともいえない雰囲気。ちょっとワクワクそわそわ。

usrest_11.jpg

出てくる飲み物は、沖縄の食堂だと定番のアイスティー。USレストランのアイスティーは甘くないストレートティーだ。

注文

usrest_17.jpg

メニューも年季が入ったもの。表紙には大きくAサイン。

usrest_08.jpg
ドル時代からの伝統の味

usrest_06.jpg
Big な サンドウィッチ
usrest_10.jpg
もちろんA・B・Cランチもある

客の半分以上がCランチを注文してた(先客はステーキランチ)。ちなみに時刻は深夜1時過ぎ。
内地から来る若いお客さんは、夜なのにランチがあるの?と定番の疑問を掲げるそう。特にこのお店は営業時間が19時から3時というのに「ランチ」があるのだ。

usrest_09.jpg

注文したのはUS自慢のタコスとステーキサンド。

usrest_20.jpg
自家製スープも美味しそう
usrest_21.jpg
持ち帰りもやってます

メニューにはAサイン以上に使われている気になる写真がある。

それは歴史あるジュークボックス

usrest_37.jpg

このお店の顔とも言えるものがジュークボックス。アナログレコードのジュークボックスだ。

ずっとずっと前に壊れてしまったが、ラッキーなことにお客さんからの紹介で修理できる人が見つかり、今ではなかなか手に入らない部品もなんとか揃えて復活を遂げたジュークボックス。
少しこもった音で音量も控えめだけどお店の雰囲気に似合ってます。

usrest_12.jpg
ボタン操作はコツがあるらしい
usrest_16.jpg
100円で3曲聞けます

usrest_13.jpg
洋楽に混じって『かぎやで風』も(下段左)

セレクションは、昔の洋楽が少しと、歌謡曲や演歌。

「本当はね、もっと沢山のレコードを持ってるから入れたいんだけどね、交換の仕方もわからんから、もうこのまんまにしているさー。」

usrest_14.jpg

50代以降の人が喜びそうな曲が多いと思う。30代の私にはわからない曲ばかり。

usrest_19.jpg

地元のお客さんが選曲したのは、映画ゴーストのテーマ曲Unchained Melodyでした。

US自慢いただきます

usrest_26.jpg

USレストランのタコス。800円。
具はシンプルに、トマト・レタス・チーズ・ひき肉。
タコシェルは、しっかり揚げてあるパリパリ系の肉厚。アメリカ式タコスのハードタコ。
ひき肉はゴロゴロと大きく、食べ応えがあります。

usrest_27.jpg

お店の看板でもあるタコス。仕込は昼から行っていて皮は手作りしているそうだ。作りおきではなく注文が入ってから揚げる。
具を包むためのタコス独特の『Uの字』の形を作るのに専用の道具もあるみたいだけど、おばちゃんは揚げてる最中に、箸でクイクイッと生地を曲げて形作るそうだ。なので一度に7皿(=28枚のタコスの皮)注文が入った時は大変だったとか。

usrest_28.jpg

ステーキサンド。800円。
こちらもシンプルな一品。バンズ・ステーキ・トマト・レタス・玉ねぎ。
特に味付けされていないので、マヨネーズ・ケチャップ・マスタード・A1ソースを使い自分好みの味に。

usrest_29.jpg

持ち帰りもやっていて、取りに来るお客さんが注文しているのもCランチが多かった。これだけみんながCランチを注文していると気になって仕方がない。次回行ったらCランチを食べてみよう。

また行きたいお店

実は最近、体を壊してしまい、立っての作業がものすごく辛いそうだ。

「体を壊してから店を閉めようか悩んだのよ。でもみんながもう少し頑張ってくれって言うもんだからやれるまでやってみようと思って開けているさ。」

「お店だって一杯する時もあればガラガラの時もある。取材もくるけど、来てくれたお客さんのためにドリンク一杯のサービスをしてくれませんか?と言われるさ。でもうちはアイスティーを最初から出しているから、必要ないさーね。お店が一杯してしまっても体か追いつかんからね。」 

取材中も、深夜なのに持ち帰りの注文の電話が。黒電話のレトロな呼び出し音を響かせながら鳴っていたが、この持ち帰り注文があってやっと商売が安定するそうだ。

その日もカウンターの中、お店全体が見渡せる椅子に座ってお客の様子を見守っていました。

入りにくかったけど、入ってみてよかったお店。ゆんたく大好きなママさんが優しく出迎えてくれますよ。

usrest_thumb.jpg

USレストラン
沖縄県うるま市石川1-28-19
098-964-2281 ‎

月火木金日
19時から翌2時30分

19時から翌3時30分

定休日は水曜。体調によって他の曜日が休みになることも。土日は必ず開けるようにしているそうだ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ