那覇新都心にぽっかりとある沖縄の杜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいマンションやショッピングモールが建ち並ぶ那覇市新都心。その一角にうっそうとした森が広がっているのをご存じだろうか。

那覇市新都心に森がある


関係無いけど新都心のサンエーだけ色が白いのは景観に配慮したと聞いたことがある

那覇市新都心。現在は大型商業ビルやマンションが建ち並ぶ大都会になりましたが、もともとは1987年に返還された米軍の住宅地区の跡地を再開発して生まれました。ずっと何もない荒野みたいな場所が、あれよあれよという間に都会になっていくのでびっくりした記憶があります。

そんな大都会、那覇の都である那覇新都心ですが航空写真を見るとなぜかぽっかりと開発から取り残された緑がある地域があります。しかも結構大きい。

調べてみるとここは新都心公園の一部で「沖縄の杜」と呼ばれるエリアらしいです。しかしまぁ沖縄に長らく住んでいて新都心に割と近い場所に事務所を構えているのに沖縄の杜についての話をほとんど聞きません。いったいここには何があるのでしょうか?

気になったので行ってみました。

 

沖縄の杜に行ってみる

沖縄の杜についてですが全然情報がないので、とりあえず場所まで実際に行ってみます。場所的には新都心公園の道向かいなんですが、そういえば結構緑があったなぁという印象。


鬱蒼としている

まぁ森というよりもジャングルかというくらい木々が生い茂っているのですが。

現在地は赤丸の箇所です。とりあえず中に入る道はあるのか、森をぐるっと囲む道沿いに歩いて行ってみます。

森を周回する道は遊歩道にわりときちんと整備されています。しかし森側にはフェンスがあり中には入れない模様。

不法投棄禁止の看板
微妙に休めなそうなベンチ

森のフェンス側には定期的に「不法投棄禁止」の張り紙と、なんだかすわり心地が悪そうなベンチが。

フェンスがない場所になんとなく道っぽい場所はあるのですが、獣道レベルの道なので本当に道か判別がつきません。特に案内もないので多分こっちに入ったら最悪道に迷いそうな予感。

しばらく行くとはじめて森方向に向かう道らしい道を見つけることができました。

小さな橋がかかってた
着いた先は拝所

森の中に入る道を進んでいくと石の香炉が3つと「ウサチアムシラレ」と刻まれた石が。ここはどうやら地元の方の拝所のようです。沖縄だと町の各所や公園などに拝所を見つけることができますが、そういえば新都心で拝所を見かけたことがありません。こういった拝所が他にもひっそりとあるのかもしれません。

道はさらに続いているようですが、途中で立ち入り禁止に。

命に関わりそうなので、来た道を戻り、また森周辺の道路をまわっていきます。

ひたすら道を歩いて行きますが、とりあえず見つかったものは

入ってはいけないという看板のみ。どうやら森の中を通る道みたいなものは特にはなさそうです。しかし片側は鬱蒼とした森、片側は商業施設や新しめのマンションみたいな光景は結構新鮮で新都心っぽくない風景です。

さらに道を歩いて一旦森が途切れるエリアまでやってきました。

ここから森を見てみると結構な川みたいなものが流れているのが見えました。せせらぎの音も聞こえます。写真だけ見ると全然新都心じゃない風景ですね。

公園的なものと亀甲墓

道を渡ってさらに森を進みます。たいして何もないまま半分くらい来てしまいました。

相変わらず、森は鬱蒼としていますが、この辺りのエリアは植物の浸食度合いがすごいです。そのうち半分くらい植物で埋もれてしまいそう。

森の中を見るとなぜかガードレール的なものが設置されています。一般の人には入れないけど道みたいなものは存在してるのかもしれません。

森のてっぺん付近は少し整備されていてちょっとした広場と遊歩道があります。

さっきの一旦森が途切れる道の下を通るトンネル的なもの。しかし広場も遊歩道も特に何かがあるわけじゃなく、ただひたすらに道が続いているのみです。

余談ですが、ハブ注意の看板が妙に怖いです。

公園
入るな看板ユニフォームバージョン

さらに歩いて、名も無き公園を通り歩いて行きます。

ようやく元来た場所近くまで戻ってきました。

と、ここで森側に道があるのを発見。結構きちんと整備された遊歩道のようです。遊歩道側を進むと。

あったのは墓。しかも立派な亀甲墓です。これは伊是名殿地(いぜなどぅんち)の墓というものらしく、県内最大級の墓であると案内板がたっていました。後ろに見えるのは那覇市消防署でこんなところにひとつだけ亀甲墓があるのはなんだかシュールな光景です。

遊歩道には階段を上っていくちょっとした小高い丘があり

新都心を一望…とまではいきませんが、ちょっとした見晴らしを味わえます。

 

沖縄の杜は都会のオアシスなのかもしれない

というわけで本日は新都心にある沖縄の杜に行ってみたという内容でしたが、残念ながら森の中はほぼ立ち入りできず、ぐるっとまわりを回るだけとなってしまいました。一周はだいたい30-40分くらいかかります。

しかし森には入れなくても(調べてみたところ、定期的に自然観察会なども行われているようでそういうヤツに申し込めば森の中も散策できるようです)、新都心でここまで緑が残っている場所というのは他にはないと思います。森のまわりを歩いているだけでもなんだか爽やかな気分になれますので、新都心のシティライフに疲れた皆様、ケツのすわりの悪い都会で憤りの酒をたらしている皆様はちょっとした癒やしを求めて足を運んでみてもいいかもしれません。

 

最後に完全に余談ですが、近接する新都心公園の男子トイレのピクトグラムが亀甲縛りされてる感じに見えるので、こちらも見所として推しておきます。本日は以上です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ