2018.06.20

ろ過装置でヨーゴを水にできるのか。ルートビアは?原液ノニは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台風に伴う大雨で、ダムの貯水量は回復したらしいのですが、もしかして断水になったら使えるのでは?と思ったネタを披露させてくださいませ

そう、ちょっと前まで断水危機だったじゃないですか。
もし断水になったときに、水が飲みたいのに家にヨーゴしかなかったら...。
そんなもしもが重なった場合を見越して、手作りろ過装置でヨーゴが水になるのかを調べました。

とはいえ、断水は回避できたし、この記事恥ずかしい間違いも多くしているので、本日は優しい気持ちでお付き合い願えたら幸いです。

ろ過装置を作ろう

ヨーゴを水にしたい、そう考えた私は「ろ過装置」を作ることにしました。

ろ過とは、液体または気体に固体が混ざっている混合物を、細かい穴がたくさんあいた多孔質(ろ材)に通して、穴よりも大きな固体の粒子を液体または気体から分離する操作である。
wikipediaより

用意したのはこちら。
・綿
・炭
・小石(大、小)
・土
・ペットボトル

注意
間違っているから参考にしないでね。

土には「鶏糞」という飲むには断固拒否したい文字も見えますが、これも合わせてろ過されるので問題ないはずです。

ペットボトルに用意した綿や小石、土を断層になるように入れます。

そこにヨーゴを流し込みます。

ろ過したはずなのにヨーゴの色そのままの水が落ちてきました。むむ。
しかし構わずろ過を続けましょう。

ルートビアも水にしたい!
ミキも水にしたい!
コーレーグスも水にしたい!
ノニだって水にしたい!

こちらがろ過した(はずの)水なのですが、ものすごく色がついてます。
ミキはとろみのためか、ろ過装置から1滴も落ちて来ませんでした。

匂ってみると、それぞれがそれぞれの元の匂いをそのまま主張してきます。
むしろヨーゴならヨーゴに土の匂いがプラスされ、ノニに至ってはこの世のものとは思えない独特の進化をしていました。

ちなみに泥水などをろ過した場合、水は沸騰させてから飲んだ方がいいらしいです。
今回はもともと飲める飲料水をろ過したわけですが、なんとなく怖いので沸騰させてから味見をしてみることに。
はたして水になっているのでしょうか。


ひとまずヨーゴだけ

アカン!!!甘い泥水だ!

ちょっと舐めただけですが、絶対飲んではいけない味がしました。

何が間違っていたかみなさんはもうお気づきでしょうか。
そう、土です。


ろ過装置に登場してはいけない子

近くにいた夫が
「泥水をろ過させるフィルターに土使うとか。よけい汚してるし。使うなら砂だろ
と見下したように言ってきました。何か言い返したかったけど...何も言えない!


飲めるものを飲めなくしてしまってごめんなさい

ろ過第二ラウンド

気を取り直して(取り直すまでに一晩かかりました)再度挑戦です。

用意したのはこちら。
・綿
・炭
・小石(大、小)
・ろ過ウール
・ペットボトル


真ん中のコップは土ではなく、20分かけてBBQ用の炭を砕いたもの

砂だろ、と言われたのに砂がないのは100均では売ってなかったからです。


ろ過できそうな佇まい

しかし念のため水を入れてようすをみたところ、出てきたのは真っ黒の水。
いやいや、と思って何度も水を入れてみましたが、一向に透明な水は出ず、これもろ過装置としては失敗したのであります。嘘だろ。

ろ過第三ラウンド

肝心の実験の前に二の足を踏みすぎなのですが、私だってもうフラフラだったのです。
正直、もうろ過とかやめたかったし、布団で泣いていたかった。だけど記事が。


メイクマンで買って来ました

今回は砕いたBBQ用の炭ではなく、細かい燻炭。そして砂を使いましょう。
これで本当に成功してくれよ、じゃないともう記事落とす。

しかし、ろ過装置から出て来たのは黒まではいかずとも濁った水(ショックすぎて写真も撮れなかった)。
ああ、もう。もういやだ。もう床の上で大の字で寝てやる。もう無理。もう無理。

しかし最後の力を振り絞って、ろ過装置をもうひとつ下に付け加えてみたところ...

でた!!透明な水が出たよー!!

上から水を入れて、下から水が出てくることに本来なんの喜びもないはずなんですが、ここまでの紆余曲折があった後では、嬉しくて何度も飛び跳ねました。よかった。よかった。本当に良かった。

....では、長かったですが、ここからが今日の本編です。

ろ過する

ヨーゴ
ルートビア
コーレーグス
ノニ

それぞれを、ろ過装置に流し込みます。

みなさん、ご覧ください。ヨーゴが透明になりましたよ!

ルートビアは少し茶色いままです。

水で希釈したコーレーグスはちょっと黒い..。希釈したときは透明だったので、おそらくこれはろ過フィルターが汚れてきたため。

最後のノニはなぜかまた透明に戻りました。右はろ過前のノニ。

ヨーゴは水になったのか

それでは飲んでみたいと思います。

ヨーゴの場合

写真左がろ過後のヨーゴ、右は普通のヨーゴです。

匂いは無臭。

飲んでみます。

水だ!

ルートビアの場合

こちらも写真左がろ過後のルートビア、右は普通のルートビア。

これも匂いは無臭。

飲みましょう。

水だ!

コーレーグスの場合

写真左がろ過後、右は希釈しただけのものです。

希釈しただけのものは当たり前ですが辛かったです。

ろ過後。匂いもなくなります。

恐る恐る飲んでみると。

水だ!

ノニの場合

最後は何度も挑戦しながら、いつも飲めないノニ

原液は、まぁ飲めない。
こんなに飲みにくいものが他にあるのだろうかと思うぐらい腐った甘苦い薬の味(好きな方はいらっしゃるようですが)。

しかし、ろ過後は独特の甘い匂いさえなくなります。

もしかして、もしかして!?

み、水だ!

ろ過すごい

この記事を書くにあたって、いろいろ調べている感じでは「ジュースはろ過しても色は変わらないものがあるとか、透明になるけど味は同じ」という情報があったのですが、今回試してみた4品に関しては全部水になりました。

コーレーグスとノニをゴクゴク飲める日が来るなんて!


すごいね、ろ過装置!

もちろん成分までは調べていないので、本当の水になっているかどうかはわかりませんが、知らずに飲んだら水だと思うレベルです。
いつか本当に断水になって、水がどうしても飲みたくなっても冷蔵庫にはヨーゴやルートビアやコーレーグスやノニしかない場合も、ろ過装置さえあれば安心ですね!

そして最後に伝えたいことがあります。
今回は前説が長すぎてすみませんでした。しかし前説をろ過してしまうと本編がめちゃくちゃ短かったのです。不純物には味がある、ってことでご容赦くださいませ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ