2018.12.03

アバサーちょうちんで生け花はできるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先日アバサーちょうちんを購入した。上から吊るして飾る以外になにか有効な使い方がないかと考えていたら、良いことを思いついた。剣山として使って生け花をするのだ。

アバサーちょうちん

先日アバサーちょうちんを購入したのです。

あばさーちょうちんは上から吊るして飾るのが正しい使い方だと思うのですが、これを家または事務所でやってしまうと居酒屋感がすごいのです。

何か他に良い使い方はないものか、考えいたら良いことを思いつきました。剣山として使って生け花をするのです。

ということで買ってきました。100均の剣山と花。
花というか供花なんですが。生け花に使えそうな花を買おうと思ったら近所のお店では供花しかなかったため、チャーギも買ってみました。
あとアバサーに刺す前の練習に普通の剣山を買ってみたのですが、花の高さと剣山の小ささが合っていない気もします。
しかしここは生け花をしたことのない初心者ならではの勢いでひとまずやってみましょう。

と思ったら供花の茎がストローのように空洞になっていました。これはできるのか?

刺しにくかったのですが、無理やり剣山に刺せました。

剣山の大きさと花の高さがちぐはぐですが、とりあえずこれが見本。
はたして供花とアバサーで生け花はできるのでしょうか。

アバサーは痛い

アバサーの針は花を刺せるぐらいの強度はあるのでしょうか。
刺すというより茎の空洞にうまく入れる感じですが。

できるやん。
同じ要領で花を刺していきます

続いてチャーギを。
しかしチャーギの茎がめちゃくちゃ硬い。アバサー剣山は丸いため手に持っておかないと花を生けられないため、硬いチャーギを切るために思わずアバサーを持っている手にも力が入ってしまいます。

手が痛いよう。

血が出たよう。

しかしなんとか切って、チャーギも刺しました。
なぜ下に刺したかというと、花を上、チャーギを下に刺すことでうまくバランスをとって吊って飾れるのではないかと思ったからです。

まぁ思ったようにはいかなかったのですが。

華道アバサー流

吊るす案は捨てて、普通に飾ることにします。

奇跡的にバランスを保つアバサー。
おお、これは思った以上にありなのではないでしょうか。

台に沖縄っぽい布を巻きます。
おおおお!

これで終わってもよかったのですが、チャーギだ。
チャーギを忘れておりました。
もう下には刺せないし、横に刺したら絶対バランス崩してしまうし。

そしたらここだ!

「アバサー生き返ったで!」

みなさん、見ましたか?チャーギを咥えさせる前と後では明らかにアバサーの目に宿る生気が違うのです。
生け花には花を生かす、命を与えるという意味があると聞きます。
アバサー流は花だけでなく、花を生けるアバサーまでにも命を与える、そんな流派ができた瞬間です。

生け花が飾られたテーブルで仕事をするやんばるたろうさん。
しかしこれ、アバサーは剣山にはなっても水がないので花はかわいそうですね。
ということで華道アバサー流は本日をもって解散とさせていただきます。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ