2012.08.09

農連市場のラジオ体操

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
農連市場でも朝のラジオ体操をやっているという。戦後の原風景を残す市場でのラジオ体操はどんな感じだろうか。

数年前に買った雑誌をめくっていたら、農連市場でラジオ体操をしようぜ!と書かれているチラシが目にとまりました。

DEEでは『波の上ビーチのラジオ体操が陽気』という記事で、お年寄りが元気にラジオ体操をするようすをお届けしたことがあります。
ただのラジオ体操とあなどるなかれ。
波の上ビーチのラジオ体操は三点倒立のおじいちゃんが現れたり、最後に全員で「アハハハハ」と笑い出したり、驚く光景なのです。

こうなると、戦後沖縄の原風景を残す農連市場のラジオ体操も見てみたくなりますよね。
ということでラジオ体操第二は農連市場からお届けします。

朝6時の農連市場

まだほの暗い中、農連市場を目指します。

到着は5時50分。

午前2時〜3時頃が一番賑わうと言われる農連市場なので、たくさんとまではいきませんがお客さんが買い物をしています。

お客さんはほぼ地元の人たち。お店の人たちとウチナーグチで声をかけあっています

農連市場は木造・トタン屋根建築。
この日は雨が降っていたため、ところどころ雨漏りがしていました。

公衆電話の横の壁には当たり前のように、電話番号のメモ。

個人情報とか落書きだよな、とかが頭を横切りますが細かいことは気にしちゃだめ

いろいろ気になりますが、詳しい市場のようすについては『農連市場の風景』にレポートがあるのでご覧ください。

アンマーインタビュー

ラジオ体操がはじまるのは6時30分から。
時間があるので、お店を切り盛りするお母さんたちにお話を聞いてみました。

こちらの方は52年間この場所でお店をされているそうです。

ーお話聞かせてもらえますか?

いいよ。じゃあ、あい、そこ座りなさい。

「そこ」と指差した方向にはお風呂イス

昔なんか店の前にしゃがむことはできなかったよ(笑)
もうすごい人だった。でも今はずっとこんなよ。時間によって人が多いとかはもうない。ずっとこんな感じ。ゆったり。

何歳に見える?もう82歳だよ!

82歳で現役バリバリ

若い頃は子どもを背におぶって商売してたよ。パンパースなんてないから、布おしめでね。あっちの井戸で洗って外に干してた。すごいでしょ。みんなそんなだったよ。
自分なんかは午前2時から昼の2時までここで仕事してるよ。
仕事楽しいさね。仕事は楽しいと思わないとだめだよ。
働くからごはんも美味しいんだからね!
だから儲からんけど、楽しくやってるわけよ

ー朝の2時開店ということは何時に起床するのですか?

夜は7時に寝て12時に起きる。短いでしょ。でもお店がゆったりだからね。
眠たくなったらこうして(柱に寄りかかって目を閉じる)眠ればいいわけよ!
簡単でいいでしょ(笑)
横のネエネは私より商売長いよ。一番長いんじゃないかな。

ー(隣のネエネに)いつ頃からここでお商売をされてるんですか?

昭和28年から。
これはずっと使っている商売道具。

そろばんです

帰ってから気付きましたが昭和28年というと市場の開設の年です。
ということは隣のネエネは開設当初からお店を出しているということでしょうか。
そりゃ一番長いわけです。

そろそろラジオ体操の時間

楽しくて逞しい市場のお母さんたちとユンタクしてたら、ラジオ体操の時間になりました。
農連市場ではラジオ体操がはじまる数分前になると、スピーカーのスイッチが入りラジオ放送が流れ出します。
先ほどのお母さんの話では「市場の人みんな体操をするよ」とのことだったのですが。

・・・シーン


あれあれ?

誰も立ち上がりもしません。
心配になっていると少し体操がはじまったぐらいから急に人が増えはじめました。

ラジオ体操で発揮されるうちなータイム

でも一度立ち上がれば体操は体が覚えています。

普通は朝のラジオ体操は眠った体を目覚めさせる運動としてやることが多いですよね。
私も早起きしたので眠かったんですが、午前2時からお店を切り盛りされている農連市場の方には6時30分はすでに仕事の折り返し地点。
のそのそ動く私と比べて、動きのキレが違います。


鋭いキレ!


キレキレです!

ちなみにラジオ体操が行なわれているのは市場の中だけ。

市場のまわりは普段通り

カメラをもってまわりをウロチョロされると嫌だろうに、みなさん良い笑顔を向けてくれます。



なんだか一緒にラジオ体操をするだけで、ぐっと距離が近くなった気がします。

この時間に農連市場に行ってみるのっていいかも!

ということで

農連市場のラジオ体操は波の上ビーチに比べると小規模ながら、長い間一緒にお仕事をされてきたからか一体感のあるラジオ体操でした。
普段の雰囲気とも違い、私もそこにいるだけで市場の一員になれた気さえするほどに。

ちなみに、農連市場では最後に「ヤッホー」と叫んだり「アハハハ」と笑ったりということは行なわれませんでした。まぁ市場の中ですしね。

農連市場には元気な沖縄の朝もあった!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ