2013.08.26

【入りにくい店に入ってみた】三星レストラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
好評のシリーズ【入りにくい店に入ってみた】。すごく入りにくい店構えだけどなんだか気になっちゃうあの店この店、意を決してどんどん踏み入れていこうと思います。沖縄にはディープなお店がまだまだたくさん眠っているのです。

沖縄の街を歩いていて大通りからふらっと路地裏などに入ってみると、営業しているのかいないのかも分からない、ものすごく入りにくい雰囲気のお店に出会うことがあります。
通るたびに気になって興味はあるのに、扉を開けるのにすごく勇気がいるような。

そこにあえて挑戦していくシリーズ、名づけて【入りにくい店に入ってみた】。

第一回:食堂 自流
第二回:カムイラーメン喫茶
第三回:平和食堂
第四回:聚楽苑(じゅらくえん)
第五回:マカビペット店
第六回:お食事の店 ホームラン
第七回:すきやき&おでんハウス 笑
第八回:USレストラン
第九回:宮古島の丼喫茶
第十回:お食事処 栄
第十一回:マイハウス
第十二回:司屋

今回も前回の「かつらの店 司屋」に引き続き、大通り沿いにあって見たことがあるという人は多いのに、なんだか入りにくい店からお届けしたいと思います。
 

国体道路沿いの三階建ての建物

国道58号線の北谷から沖縄市に抜ける、国体道路沿いにある黄色い三階建てのレトロな建物が今回のターゲット。

sansei01.jpg

壁にはでかでかと「三星レストラン」と書かれています。
三星は「みつぼし」ではなく「さんせい」と読みます。

sansei01.jpg

店内にエレベーターがあることがウリらしく、道路側に大きな看板が。
たしかに三階建てなのにエレベーター完備とはなかなか贅沢なうえ、開店当時は珍しかったのではないでしょうか。
沖縄の強烈な日差しを避けるためのスモークガラスで店内が見えづらくなっていることが入りにくい要員のひとつかもしれません。

sansei01.jpg

入ってすぐの小さなスペースが喫煙室になっています。

sansei01.jpg

灰皿とイスが置かれた反対側には日替りスペシャルランチの食品サンプルが。刺身、煮物、揚げ物、小鉢、サラダと品数も多くこれで780円はお得ですね。
 

レトロな雰囲気の店内

sansei01.jpg

店内は思っていたよりも明るくて広く、ひと昔前のファミリーレストランの雰囲気。
入って左手の座敷とテーブルが禁煙席、右手のテーブル席が喫煙席ときちんと分煙されています。小さな子ども連れにも嬉しい心遣いですね。

sansei01.jpg

日曜日のお昼どきとあって、意外にたくさんのお客さんで賑わっていました。
 

圧倒的なメニュー数!

席につき、ニコニコと愛想の良いおばさまが持ってきてくれたメニューを見てびっくり。

sansei01.jpg

とにかく品数の多いこと!

sansei01.jpg

今月のスペシャルは和・洋・中がずらり勢ぞろい。

sansei01.jpg

寿司メニュー。

sansei01.jpg

中華の部、洋食の部、和食の部。

sansei01.jpg

魚の部、お子様の部、沖縄料理。
なぜ白かゆが沖縄料理に入っているのかは謎です。

sansei01.jpg

おつまみ一覧。

sansei01.jpg

冷やし物。

sansei01.jpg

テーブルに敷かれたビニールシートの下にもぎっしりとデザートメニューが。デザートまで和・洋・中各種あります。

sansei01.jpg

そして壁には冷やし中華の張り紙。

お店の方にいったい何種類ぐらい品数があるのか質問してみたのですが、「さあ、数えたことないから・・・(笑)」とのこと。なにを食べるか特に決まっていない人は、メニューを眺めれば眺めるほど迷ってしまうこと間違いなしです。
かくいう私も10分近く悩みました。
 

スタンダードでほっとする味

数あるメニューのなかから迷いに迷った末、オムライスとチャーハンを注文することに。

sansei01.jpg

オムライスについてきたコンソメスープが美味しい!
セロリや玉ねぎ、鶏肉、そして何故か細切れのパスタが入っています。

sansei01.jpg

オムライスは、THE・オムライスという堂々たる姿。洋食屋で出てくるデミグラスソースがかかったふわとろ卵ではない、かっちりと硬派なオムライスです。

sansei01.jpg

中はあっさりめのチキンライス。たっぷりかかったケチャップの酸味がたまりません。
なかなかボリュームがありましたが、食べ飽きない味でぺろりと完食。

sansei01.jpg

三星レストランオリジナルチャーハン。トッピング(具)は鮭やビーフ、カラシナなど数種類から選べます。今回はタカナをチョイスしたのですが、タカナがたっぷり入っていてパラパラ具合や卵の絡まり具合も最高でした。これはレベル高いぞ...!

sansei01.jpg

嬉しいしゅうまい付き。ミニせいろで蒸したてホカホカ。

sansei01.jpg

なんとドリンクと食後のデザートまでサービス!ドリンクはティーかコーヒー、ホットかアイスが選べます。きなこたっぷりのわらびもちも柔らかくて絶品でした。大満足です。
 

とにかく広い店内

sansei01.jpg

レジカウンターの前には何故か大きなパンやクッキーやかりんとうのようなものが。ファミリーレストランのレジ横によくあるおもちゃコーナー的な位置づけでしょうか。

sansei01.jpg

そして隣のショーケースの中ではサングラスやアクセサリー、香水、財布などの小物が売られていました。売れるのでしょうか。

sansei01.jpg

店の奥のほうにエレベーターも発見。足が不自由な方でも二階席、三階席に行くことができますね。

sansei01.jpg

二階はふすまで仕切られた座敷の個室。にぎやかな子どものお誕生日会の声が聴こえてきました。

sansei01.jpg

なんとカラオケも完備!ただ、隣とはふすまで仕切られているだけなので丸聞こえです。

sansei01.jpg

三階は大宴会場になっており、この日は八十八のお祝いが行われているとのことでした。
 

地元に愛されるいいレストランでした

というわけで、北谷の三星レストランからお届けしました。

sansei01.jpg

30年以上の長きに渡り、地元の方から愛されるとても居心地のいいレストランでした。
そして地元でなくてもわざわざ食べに行きたいほど味も三ッ星☆☆☆

みなさんも北谷でもし食事に迷ったら、是非三星レストランを訪れてみてくださいね!

三星レストラン
住所 : 北谷町上勢頭813-4
電話番号 : 098-936-1823
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー 22:30)
定休日:元旦、ウークイ
駐車場:60台

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ