2019.05.14

ハブに注意看板を注意して見る vol.3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気温があがり、ハブの活動が盛んになってくるシーズンとなった。本日はハブ注意看板コレクションの第三弾をお届けしたい

まだまだあるぞ、ハブ注意看板

沖縄で怖いものといえばハブ。
DEEokinawaではこれまで2度、『ハブに注意看板を注意して見る』というコレクションを行なったことがあります。
ハブ注意看板1回目ハブ注意看板2回目
また写真がたまったので、本日は3回目のハブ注意看板を注意して集めたのバリエーションの数々をお楽しみください。

正統派な恐ろしいハブ注意看板


撮影地:平和創造の森公園(糸満市)

平成10年4月に開園した糸満の公園。平和記念公園と混同してしまいますが違います。遊具などは特になく、ただただ広い芝生が広がる気持ちの良い公園。自然も多いのでハブに注意です。


撮影地:轟の滝(名護市)

2018年の12月に整備されて入園料が必要になった轟の滝。遊歩道ができたので、家族連れに優しく、周辺の花や昆虫などの観察にももってこいです。ただ、ここも自然が多いのでハブ注意。
カッとした集中線が怖さを引き立たせています。

ここからだんだん怖くなくなります


撮影地:不明

どこで撮ったのか忘れてしまったのですが、ハブの写真が生々しくて恐ろしい。
しかしなぜ右上に陽気なメキシカンなおじさんを置いてしまったのか。あとフォントもかわいいので、ハブ以外は怖くない不思議な注意看板です。


撮影地:川がある公園(浦添市)

住宅街の近くにきれいな川がある公園。自然が多いのでハブもいます。
でもハブのイラストがかわいいのです。肩に乗せて歩けそう。


撮影地:本部公園(南風原町)

小さい子から遊べる南風原の人気のある公園。公園の脇の方に草むらがあるので注意看板が立っていました。
ハブじゃなくヘビ注意なところ、あとこのハブはおにぎりを食べるぐらいの笑顔でフランクに噛んできそうで怖いです。


撮影地:どこかの公園(豊見城市)

めっちゃとぐろを巻いてます。頭がなかったら違うものに見えるぐらいの巻きです。


撮影地:どこかの公園(豊見城市)

なにこのキョトン顔、かわいすぎるんですけど。

まとめ

ということで本日は7つのハブ注意看板を紹介いたしました。ハブには噛まれたくないと常々思っていますが、いくつかの看板のハブには出会ってみたい。そんな風に思わせられる看板でした。
なにせ、これから気温が上がりハブの活動が活発になる季節。ハブが多く生息している草むらやヤブなどには足を踏み入れないよう、気をつけましょう。

ちなみに海にはサメ注意看板も。どう注意したらいいのかわからないですね。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ