2013.03.27

あの「スナック母子家庭」は今

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
那覇市三原の伝説のスナック「母子家庭」がまさかの閉店!?その真相に迫ってきました。

以前DEEで紹介し、多くの反響をいただいた記事『「スナック母子家庭」の謎にせまる』。
いちど聞いたら忘れない強烈なネーミングと西表島出身のみつえママの強烈なキャラで、たくさんの常連さんから愛されていました。

・・・いました?

そう。近隣の方はすでにお気づきだと思いますが、那覇市三原の伝説のスナック『母子家庭』のあった場所の現在の様子をお伝えしなければなりません。

urinbo01.JPG

!!!

kuroshimalabo_01.jpg
かつて煌々と灯っていた看板も...
urinbo02.JPGkuroshimalabo_02.jpg
今は見る影無し

屋根の上に掲げられていた台風対策で鎖をぐるぐる巻きにしていた大きな看板も撤去され、かつての『スナック母子家庭』の面影はどこにも見当たりませんでした。まさか、ついに閉店してしまったのでしょうか・・・?
 

新生・母子家庭ここにあり

いいえ、ご安心ください。

kuroshimalabo_01.jpg
この品のいい外観はいったい。
urinbo02.JPGkuroshimalabo_02.jpg
ウリ坊のイラストがかわいい。

なんと『スナック母子家庭』は『小料理うりんぼ〜』として、沖縄大学のすぐ近く那覇市国場に移転オープンしていたのでした。

urinbo21.jpg

店名は変われど母子家庭の看板は健在。新天地でもしっかりと異彩を放っていました(褒め言葉)。
それでは早速入ってみましょう。

urinbo06.jpg

いました!相変わらず元気炸裂なみつえママ!!
心なしか、さらに若くおしゃれになっているようです。

聞くところによると『小料理うりんぼ〜』は、今年2月1日頃に正式にオープンしようやく最近落ち着いてきたところだとか。店名である『うりんぼ〜』の意味を訪ねると、外の看板のイラストにあったとおり当初は『うりぼ〜(ウリ坊)』でいくつもりだったのが、店名を伝えるときに間違ってうっかり「うりんぼ〜」と口走ってしまったのがそのまま手続きされてしまったのだそう。

「もう『うりんぼ〜』で営業許可書やらなんやら登録されてしまったものだからさ、これを変えようとするとまたややこしいしお金がかかるわけ。だからもう仕方ない、これでいくかーって。間違った言葉だからきっと世界中でここにしか無い名前だよ。」

以前の『母子家庭』といい、店名をつける際にはなにかしらひとネタあるのが、流石みつえママらしいところ。

urinbo06.jpg

『うりんぼ〜』では、なんと生ビールが飲めるようになっていました(以前はびんビールのみ)。

urinbo06.jpg

みつえママ自らカウンターに設置された金色に輝くビアサーバーから注いでくれます。
「これ慣れるまでは泡の具合がうまくいかんでよ、お客さんに怒られよったよー!アハハハ」

urinbo06.jpg

お通しの大根と鶏肉と里芋の煮物。
これがもう、とってもやさしい味で絶品。だしまで全部飲み干してしまいました。
「うちのお通しは人気あるよー」とはみつえママの談。
 

そして美味しい料理の数々

せっかくなのでお食事もいろいろ注文してみました。

urinbo06.jpg

ランチを始めたときから料理人として一緒にお店をやっていらっしゃる板前の山城さん。
寡黙で男前な板さんです。

urinbo06.jpg

まずはお寿司。9貫並んで1人前850円。
ちょうど一口で食べきれるいいサイズ。ネタも新鮮で、白身はコリコリとした食感で美味しかったです。

urinbo06.jpg

そしてカツ丼。つゆだくで、やさしいだしの味が口の中に広がります。
最初にお通しで出てきた煮物といい、だしがたまらない美味しさです。
隠し味的に、トンカツにこしょうをピリッと効かせているのも絶妙な風味を醸しだしていました。

urinbo06.jpg

そしてなんと馬刺し!!!
沖縄で馬刺しが食べられる店はなかなか珍しいのではないでしょうか。しかもこの分厚さときたら。
はじめは半解凍でシャリシャリとした食感、しばらくするととろっととろける柔らかさに。
これはお店を訪れたら是非とも食べてみていただきたい一品です。

urinbo06.jpg

ママ曰く「天ぷらがおすすめ。衣がサクっとしててとっても美味しいから次は食べてみて!」とのこと。
ちなみに左から4番目の “海鮮サラダ” の語尾が “サラダー” と伸びているのがなんだか沖縄らしくて好きです。

そして、生ビール(麦職人)はオールタイム300円!
これはビールじょーぐー(みつえママ含む)には嬉しい価格設定なのではないでしょうか。
 

母子家庭の名残

店内はカウンターが10席ほど、4人掛けの畳の座敷席が2つ、4人掛けのテーブル席が1つ。
以前はこぢんまりとした店内でカウンターのみ8席だったので、かなり広々としたお店へと変身をとげました。

しかし、店内のそこかしこに母子家庭の名残が。

urinbo06.jpg

ゆいレールを貸しきって行われたDEEokinawa周年祭でも提供していただいた、母子家庭オリジナルボトル。みつえママのイラスト入りバージョン。店名は変わったものの、このボトルは今後も仕入れるつもりだそうです(良かった!)。

urinbo18.jpg
お手洗いのドアに謎のバリのお面。
urinbo19.jpg
スマイルのマグネット。

前の三原のお店にあった装飾品などが新しいお店でも飾られていて、なんだか少しほっとしました。
そういえば今回お手洗いに入りませんでしたが、前の店でお手洗い内部に飾られていたカオスな置物たちは健在なのでしょうか。次回要調査事項です。

urinbo06.jpg

カラオケ設備は以前もありましたが、これは新しく入れたものだそう。
分厚い曲集からではなく、リモコン(デンモク)で操作できるのがお気に入り。

urinbo06.jpg

そして変わらないのはなんといってもみつえママのこの笑顔!

ますますパワーアップした『新生・母子家庭』改め『小料理うりんぼ〜』。
近くを訪れたら是非みつえママの笑顔と山城さんのお料理に会いに行ってみてくださいね!
 

ちなみに

以前の三原の店舗で鎖でぐるぐる巻にされていた大きい看板は、店舗の裏で駐車場の目印に使われていました。

urinbo06.jpg

こんなに分かりやすい目印は初めてです。
これがあれば、よその駐車場に間違って停めてしまうことも無いので安心ですね!

---------------------------------------------------------
小料理うりんぼ〜(母子家庭)

住所:那覇市国場692 サードコーポ1F
営業時間:18:00〜翌2:00
定休日:(確認中)
駐車場:建物の裏側にあり
---------------------------------------------------------

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ