2020.04.22

バケツジーマーミ豆腐を作りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家庭保育中でこどもたちが暇そうなので、親子クッキングでどでかいジーマーミ豆腐を作った。

みなさんSTAY HOMEしていますか?
我が家には5歳児と2歳児の幼児がおり、4月上旬からは夫と協力しながら家庭保育で仕事をしているわけですが、家にいると朝から晩まで「何か食べたーい!」「あそぼー!」の繰り返し。このこどもの欲求を満たしつつ、記事を書くにはどうすればいいのか。

そうだ!バケツプリンの要領でバケツジーマーミ豆腐を作って食べさせれば、作って楽しい。食べておいしい、記事にもなるので一石三鳥になる気がします。さっそくやってみましょう。

※)ジーマーミ豆腐とはピーナッツ(沖縄方言でジーマーミ)で作った豆乳を芋などのでんぷんで固めた郷土料理です。

以前ジーマーミ豆腐を作った際は微妙に失敗したので、今回は豆からではなく簡単にピーナッツバターと豆乳を混ぜて作るやり方をしようと思います。

豆乳を3L用意したので、ネットにあったジーマーミ豆腐を豆乳400mlから作るレシピを3Lに計算し直しました。

レシピを計算する前に買い物をしてしまったので、ピーナッツバターの量(計算では560g必要)がぜんぜん足りません。

買い足しは不要不急ぽいし(あとめんどうだし)なにより、カロリーを見て、少ないままでいくことを決心。

ジーマーミ豆腐を作る

大きな鍋にまずは粉とピーナッツバターを入れ、少しづつ豆乳をなじませるように加えます。

豆乳1L。

豆乳2L。

溢れそうだったので寸胴鍋に入れ替えました。3Lの豆乳投入。

水と砂糖を加えて中火にかけます。
焦げ付かないようにかき混ぜながら。10分ぐらいで底の方が少しかたまってきました。
しかしここから30分、かき混ぜてもかき混ぜても変化のない時間が続きます。しんどい。

子供と一緒に混ぜたかったのですが、2回ぐらい混ぜたら「おしまい!」と言ってどこかへ行ってしまいました。しんどいのお母さんだけやん。

40分後。
全然まだまだですが、少しだけ全体にとろみがでてきました。

50分後。かためのクリームシチューみたいになってきた!

火をつけてから1時間。だいぶとろみがついたのでこれでかき混ぜるのは終わりにします。

 

容器にうつそう

粗熱をとったら冷蔵庫で1,2時間寝かせて完成。
このまま鍋で寝かせたらそれこそバケツプリンのようになって良いのかもしれませんが、ジーマーミ豆腐ってもっと浅くて口の広い容器に入っているイメージがあります。要するに平べったくしたいのです。

ということで用意したのはこちら。洗面器(未使用)です。

鍋から洗面器にうつしたら、驚くほどぴったり入りました。

しかし洗面器に入った茶色のなにか。知らずに見たら怖いと思う。

ジーマーミ豆腐にかけるタレも用意します。今回は醤油と砂糖を煮詰めたシンプルなものですが、過去にはジーマーミ豆腐にはうなぎのたれと納豆のタレが美味しいという記事をNaokiくんが書いていました。

 

さぁ食べよう

火にかけて混ぜること1時間、粗熱をとるのに5時間、冷蔵庫で6時間寝かせたジーマーミ豆腐がついにできあがりました。

朝ごはんのあとに出すと娘がやってきて、ハッピバースデーの歌を歌い出しました。
やばいケーキと思っている!

このまま食べるのは切ないので、一番大きな皿に出します。

ぱかっときれいに出ました。
娘はニヤニヤが止まりません。おいしそう!おいしそう!と言いながらエンドレスでハッピーバースデーの歌を歌っています。

タレをかけます。

さぁ、ジーマーミ豆腐を召し上がれ!

息子はどうやらプリンだと思っている様子です。

たべた!
ごちそうさま

えー。聞いてみると美味しくなかったわけではないようですが、思ってたんと違うからとのことでした。
そりゃプリンとケーキと思っていたらショックだったかも。

その後、わたしも食べたり、こどもたちも気を取り直して再度食べ始めてくれましたが、それでも全然減らなさに気持ち悪くなってきていったん冷蔵庫に戻しました。

残ったジーマーミ豆腐ですが、ジーマーミ湯豆腐凍らせジーマーミ豆腐が美味しいという記事もあったので、いろいろ試しながら消費していきたいと思います。
こどもの欲求は満たせたかは微妙ですが、記事は書けたので良かったです。では!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ