2021.04.07

【入りにくい店に入ってみた】なんちゃっ亭安謝ハローワン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
好評のシリーズ【入りにくい店に入ってみた】。すごく入りにくい店構えだけどなんだか気になっちゃうあの店この店、意を決してどんどん踏み入れていこうと思います。沖縄にはディープなお店がまだまだたくさん眠っているのです。

沖縄の街を歩いていて大通りからふらっと路地裏などに入ってみると、営業しているのかいないのかも分からない、ものすごく入りにくい雰囲気のお店に出会うことがあります。
通るたびに気になって興味はあるのに、扉を開けるのにすごく勇気がいるような。

そこにあえて挑戦していくシリーズ、名づけて【入りにくい店に入ってみた】。
閉店してしまったお店も増えてきたので、この記事がみなさまの思い出になれば幸いです。

第1回:食堂 自流:宜野湾市(閉店しました)
第2回:カムイラーメン喫茶:浦添市(閉店しました)
第3回:平和食堂:うるま市(閉店しました)
第4回:聚楽苑(じゅらくえん):西原町
第5回:マカビペット店:那覇市
第6回:お食事の店 ホームラン:那覇市(閉店しました)
第7回:すきやき&おでんハウス 笑:宜野湾市
第8回:USレストラン:うるま市(閉店しました)
第9回:宮古島の丼喫茶:宮古島
第10回:お食事処 栄:那覇市(閉店しました)
第11回:マイハウス:宜野湾市
第12回:司屋:宜野湾市(移転しました)
第13回:三星レストラン:北谷町(閉店しました)
第14回:みえばし:那覇市(閉店しました)
第15回:喫茶スワン:那覇市
第16回:小料理キヨちゃん ぱんぷきん:西原町(閉店しました)
第17回:金の椅子:那覇市(閉店しました)
第18回:垣花食堂:那覇市
第19回:琉球薬草本舗:西原町
第20回:ゲンキ食堂:那覇市
第21回:タルト屋:宜野湾市(移転しました)
第22回:クッキングパパ:うるま市
第22回:センター食堂:糸満町

第23回目になる今回は那覇の安謝にある「なんちゃっ亭安謝ハローワン」です。


お店へ行くにはこんな道を進むよ。裏道とか近道じゃなく正規の道だよ

この道はどこへ行く道

最初に言っておくと、なんちゃっ亭は基本的にはFacebookで事前予約が必要。
なのでお店に行く前に予約と取材のお願いをしておりました。このシリーズの取材依頼ってものすごく緊張するのですが、快諾いただきました(泣!)
そしてその時に注意事項として伝えられたのは「駐車場はありません」ということ。

なので事務所から徒歩20分。
えっちらおっちら歩いて、さぁこの辺かなと思うところを見渡すんですが、お店がないのです。

歩けど歩けどお店はないのに予約の時間は迫ります。
そんな中、唯一見つけたのはこの張り紙です。

薄くなっていますが、「なんちゃっ亭 あっち!」とあります。


こっち?

いや、でも見て。あっちと矢印が出ているこの道。
細すぎん?

ううんこっちは違う、と判断して何度も通り過ぎたりしていたんですが、お店がどこにもないので、やはり矢印は正しいのかもしれません。

意を決して進んだ先で最初に見えたのは拝所。

ゆるやかなカーブを曲がった先にもすーじ小が続きます。
やっぱり違うのか?

しかし、そのすぐ先に。

あ!!

あったー!

ちなみにお店へ続くもう一方の道もこんな感じ。うん、これは隠れ家すぎる。

 

おじゃまします

お店へたどり着いたところでいったん喜んだのですが、なんつーか。なんつーか。

ちょっとこのピッタリと閉まっているドアがお店というより家すぎてドキドキします。
ガチャっと開けたらシミーズ姿のおばあちゃんとかいたらどうしましょう。
でも、看板もあるし、感染症対策のポスターもあるし、PayPayシールもあるし。

様子を伺っていると話し声などは聞こえませんが、耳障りの良いジャズのような音楽が聞こえてきました。
これはおばあちゃんは聴かないやつだ!知らんけど。なんとなくその音に勇気をもらって扉を開けてみると..

沖縄の民家をリノベーションしたいい感じのお店が!

 

メニュー全品500円のお店

こちらがなんちゃっ亭さんのメニュー。
値段に刮目せよ。

ラーメン 大/中/小 全て500円
つけ麺 大/中/小 全て500円

カレー 大/中/小 全て500円
予約制の定食ももちろん500円

そう、量の違いはあるものの値段がすべて500円なのです。

でもラーメンをよく見ると、大中小でだんだん麺の量が減っても代わりに肉を足されたり、ものすごく食べさせようとしてくる気概みたいなのは感じます。

大は総重量1.3キロ...!

すごい量を500円という値段にこだわって提供する理由はメニューの裏側に書いてありました。
「お財布に優しい値段で、お腹いっぱいに」というのがお店のコンセプトだそうです。

ただ、安く提供するには極力フードロスを抑えなければいけない。
そのため予約制にすることで注文数を把握し、食べ物の破棄を行わないようにしているんだとか。

ラーメン(中)。中でこの大きさ...!
背脂も脂肪分を取り除いているのでラーメンなのに食べても太らないそうです。たしかにこってりに見えますがわりとあっさり味でした。

カレー(大)。洗面器かと思う大きさ。
こちらはスパイシーな本格的な味でおいしかったです。

ということで、安謝にある入りにくいというより、入る道がわかりにくいお店「なんちゃっ亭安謝ハローワン」さんでした。
今回も勇気を持って行ってよかった!と思えるお店でした。
おなかいっぱい!

なんちゃっ亭安謝ハローワン

住所:那覇市安謝86-1
営業日:年中無休
営業時間:11:30~14:00(相談可)
電話:080-1331-5538
予約:Facebook
※来店の際は予約を(営業時間内はお電話がいいそうです)

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ