【連載】ハブでも分かる!?遺老説伝 Vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1740年代に琉球王国の歴史書として編纂された『球陽』の外巻である『遺老説伝(いろうせつでん)』。首里政府が各地に命を出して集めたとされるその内容を、漫画でゆるく描き下してみるという連載です。

ハブでも分かる!?遺老説伝

『ハブでも分かる!?遺老説伝』とは

『遺老説伝(いろうせつでん)』は1743年から1745年にかけて琉球王国の正史として編纂された『球陽(きゅうよう)』の外巻で、各地の御嶽や行事の由来、珍しい出来事などを首里政府が各地に命令を出して集めたものとされています。

当連載『ハブでも分かる!?遺老説伝』は、"ハブでも分かる" をコンセプトに、原文(漢文)をそのまま読み解くには難解すぎる『遺老説伝』を、沖縄出身の芸大生・吉元あきこが漫画で描き下してみる、という試みです。ただ、本当にハブでも分かるかどうかはハブのみぞ知るので悪しからず。

*当連載の内容はすべて史実というわけではなく、フィクションが大いに含まれていますのでご了承ください。
 

第二回『田芋のふるさと』

沖縄で田芋の有名な産地といえば、宜野湾の大山か金武というイメージですが、実は中城村が発祥だったようです。近年、中城村で田芋を生産しているという話は聞いたことが無いですが、昔はたくさんあったのかもしれませんね。
ちなみに中城村に「糸蒲(いとかま)」という地名(住所表記)も今では残っていませんが、中城村津覇に『南上原糸蒲公園』という公園が存在しています。

原文はこちら(16ページ、1つめの【一】を参照)

参考資料:琉球史料研究会編(1960)『琉球民話集』 琉球史料研究会

バックナンバー
プロローグ『クバとハナ』、第一回『那覇という地名の由来』
第二回『田芋のふるさと』

ゲストライター

吉元あきこ
沖縄で生まれ育ち、京都の芸術大学進学をきっかけに県外へ。地元を愛し、京都の地で沖縄マンガを描くことを学業とします。Twitterで作品を公開中です。
実はキジムナーに会ったことがあるのが自慢ですが、覚えていないことが残念。
好物は紅芋タルト。
twitter:https://twitter.com/8dydpxGguooAzWM

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ